ADI.Gの歯科医院開業コンサルティングは開業後のサポートも万全

ADI.Gの開業後30年サポートとは

私、並びにADI.Gの開業支援コンサルティングでは、
開業してしまえば終わりということではなく、
開業後も定期的に訪問し、問題解決のサポートを行っていきます。

過去3,000件のコンサルティング経験から、開業後どのタイミングで
どのような問題が起こりやすいかを事前にご指導し無用なトラブルを防ぐとともに、
問題が発生した場合もこれを速やかに解決できるようアドバイスを行っていきます。

サポートの内容を紹介する前に、
歯科医院の30年間にわたる経営プロセスの概要を紹介します。

歯科医院開業コンサルタント 浅野弘富

歯科医院経営プロセス

歯科医院経営は、大きく10年ごとに

  • 成長期(開業後10年間) ・・ 来院数を増やして経営を早く軌道に乗せる時期
  • 拡張期(開業10年~20年) ・・ 歯科医院のさらなる発展を目指す時期
  • 継承準備期(開業20年~30年) ・・ 次世代へ引き渡す準備を行う時期

の3つのステージに分けることができます。

この中でもっとも重要なのは
最初の『成長期』。

成長期はさらに

  • 成長期前期 ・・ 開業1~3年
  • 成長期中期 ・・ 開業4~7年
  • 成長期後期 ・・ 開業8~10年

歯科医院経営のステージ

の3期に分かれます。

成長期前期、つまり開業3年目までは、
地域に根づき地域の皆さんに認知してもらうため、
誰もがガムシャラに頑張ります。

その結果、大半の先生は収入がアップし、
ベンツや高級時計を購入するなど、
成功のファーストステップをクリアします。

成功のファーストステップ

ただし、
成長期中期(開業4~7年)に入ると、差が少しずつ開き始めます。

そしてこの4年間で身につけた習慣によって、
その後20年間の成功の度合いがまったく違ってきます。

その習慣とは、
積極的に学び続けることです。
少し余裕ができる成長期中期の4年間で、積極的に人と会い、
新しい情報をつかみ、勉強していきましょう。

この習慣が身につくと、
その後も新しい知識や技術を学ぼうとする意思が持続します。
反対に、この時期に学び続ける習慣を身につけていないと、
その後本気で学ぼうという意識はほとんど育ちません。

ここで生まれる情報量、知識、技術の差が、
やがて収益の差、成功度合いの差となっていくのです。

成長期中期の習慣が将来を決める!

私たちADI.Gでは、
積極的に学び続ける力を『勉強力』と呼んでいます。
勉強力がある先生の歯科医院は、
成長期後期(開業8年~10年)、そして拡張期に入ると
さらに収益が伸びていきます。

以上の歯科医院の経営プロセスを踏まえ、どのようなサポートを行うかを紹介します。

成長期(開業後10年間)の主なサポート

増患対策

今、患者さんの80%がインターネットを使って歯科医院を探す時代です。ホームページを持つだけでなく、多くの人に見てもらい、見た人に「ここに行こう!」と感じてもらう工夫が必要です。 それと同時に、口コミなど、ネット以外の対策もまたおろそかにできません。

ネットとアナログ。これら2つをバランスよく行っていくクロスマーケティングによって、相乗効果を生み出し、来院数を安定的に伸ばすことが可能となります。歯科医院のクロスマーケティングのポイントをご指導していきます。

患者来院数アップ

成功ビジョンのブラッシュアップ

開業4年目(成長期中期)のタイミングで、開業前に作成した成功ビジョンの見直しを行います。ここでビジョンをブラッシュアップし、方向性を確認することで、成功が加速します。見直しの中で、勉強力を高めていただくために、新しい治療技術や知識を学ぶ各種セミナー、勉強会もご紹介します。

ブラッシュアップ面談

技術導入

最新の歯科治療技術を取り入れることは、患者さんのニーズに広く応えることであり、来院数アップにもつながります。新しい技術をスムーズに導入できるよう、アドバイスをしていきます。

新技術導入

スタッフの求人・教育

スタッフの採用や教育は、時間もコストも手間もかかります。せっかく育てても1、2年で辞めてしまう。これが繰り返し起こるようでは、歯科医院の安定的な成長は望めません。

やりがいをもたせながら長く勤めてもらうには、スタッフの成長や自己実現を促すプログラムや、産休スタッフや過去に退職したスタッフの復職を支援するシステムなどが必要です。これらを整備しながら、優秀な人材が集まり、共に成長していく歯科医院を作っていきましょう。

スタッフ研修

拡張期(開業10年~20年)の主なサポート

分院展開

一医院の売り上げの最大値は、診療メニュー、ユニット数、歯科医師やスタッフの人数などから自ずと決まっていきます。さらに売り上げを増やそうとするならば、「分院を出す」という選択肢は外せません。

分院を出すには、運営を任せられる歯科医師や歯科衛生士が必要です。分院長や分院スタッフの育成、分院開設の準備など、トータルで支援を行います。

分院展開

自社ビル取得

歯科医院経営が順調に進み、資金が増えたら自社ビルの購入、または建設も視野に入ってきます。

自社ビルは資産であり、資金繰りの際の担保になります。また内装を自由に変えることができたり、一部のフロアを貸して家賃収入を得ることができるなど、様々なメリットがあります。

物件選びや土地選び、ビル建設など、自社ビル取得に関してトータルアドバイスを行います。

自社ビル

継承準備期(開業20年~30年)の主なサポート

事業継承

歯科医院を開業して20年を超えると、誰に引き継ぐか、どのタイミングで経営権を渡すかを検討し、準備を始めていくことになります。

かつては親族内継承が9割以上を占めていました。しかし近年はスタッフや第三者に渡していくケースが20%を超え、継承の形も多様化しています。30年後、先生の歯科医院をスムーズに継承していけるよう、必要なタイミングでアドバイスをしていきます。

歯科医院の事業継承


開業相談お申込みはこちら

講演・交流会サポート

弊社ADI.Gでは、個別コンサルティングを行うだけではありません。

講演や交流会も定期的に開催し、人と出会い、人から学ぶ機会を提供していきます。

ADI.Gアカデミー

最新の歯科医療技術、経営方式を導入して成功を収めておられます先生を講師としてお招きする月例の講演会です。

本年(2015年)は、予防歯科医療『根本的歯周病治療:トータルヘルスプログラム』を導入しておられます、つじむら歯科医院グループ総院長 辻村 傑(つじむら すぐろ)先生に講師をお願いしております。

ADI.Gアカデミーの様子

交流会「Gの会」

いま全国の歯科医院で導入が進んでいます、調和や協調の感性を育てるスタッフ研修ゲーム「Gコンセプト」を体験する交流会です。

全スタッフが院長先生の意思を理解し、それぞれが能力を発揮しながら、全体として調和がとれ、院の目標をみんなで達成していく。このようなチームを、楽しみながら育成していくのが「Gコンセプト」です。

Gコンセプト

特別顧問講演

弊社ではビジネスプロデューサー・道幸武久先生を特別顧問として迎え、講演会を開催しています。

歯科医院のブランディング、自費診療やインプラントだけに頼らない売上アップの法則、スタッフの意識レベルや結束を高める方法など、これからの歯科医院に求められる成功メソッドを学んでいただきます。

特別顧問・道幸武久の講演

道幸武久プロフィール

道幸 武久(どうこう たけひさ)

ビジネスプロデューサー・作家
インフォプレナーズジャパン株式会社代表


大学卒業後、一部上場企業など複数の会社でトップセールスマンとなり、29歳のときに独立。その後1年半で年収が9倍となり、処女作『加速成功』(サンマーク出版)がベストセラーに。以後、ビジネスプロデューサーとして多くの企業や個人を成功に導く。

特別顧問・道幸武久

「加速成功実践塾」「リアル不動心セミナー」などのビジネス自己啓発セミナーを開催する。これらの活動を通して【自分スタイルの成功】を広く伝えるかたわら、NPO法人アニーこども福祉協会の理事も務める。

著書に『メンタルパワー』(現代書林)、『「できない自分」から抜け出す32の方法』(中経出版)、『学校では教えない人生の秘訣』『会社の寿命10年時代の生き方』(いずれもサンマーク出版)、『夢の叶え方』(PHP研究所)などがある。

道幸武久 公式サイト
インフォプレナーズジャパン株式会社


ADI.Gでは以上のようなサポートを継続的に行いながら、
歯科医院の発展をご支援していきます。

歯科医療技術の進化、環境の変化に適応しながら、
10年、20年、30年と成功し続ける歯科医院を作って行きましょう!


開業相談お申込みはこちら

Page top icon